よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

GPU-Z 1.19.0がリリース

TechPowerUp GPU-Z

GPU-Z 1.19.0がリリースされました。
1.19.0における変更点の内容は下記の通り。


Radeon 500における対応状況の改善

GeForce GTX1080 TiでのBIOSの保存に対応

NVIDIA Titan Xp、Quadro M600M/M1200への対応

Windows 8における、GeForceドライバのバージョン番号の検出に関する問題の修正

SAPPHIREの新しいベンダーIDの追加

【関連】
GPU-Zの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2 Release Notes - AMD
Windows 10「Creators Update」正式対応の「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2」が登場 - 4Gamer

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2がリリースされました。
17.4.2は非WHQLで、APUにも対応するほか、
Windows 10 Creators Updateへの対応がハイライトとして追加されています。
なお、17.4.2におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


SteamVR Asynchronous Reprojectionをサポートするハードウェア上で、機能しない、あるいは有効にできないことがあった問題

DX11版Battlefield 1で、マルチGPUの性能が上がらないことがあった問題

拡張ディスプレイ構成のWindows 7環境で、Radeon ReLiveを使った録画でちらつくことがあった問題

システムをログオフ、または再起動した後、Radeon Settingsのアプリケーションプロファイルが保持されないことがあった問題

Hybrid Graphicsで (ドライバを?) インストール、再起動を行うと、Windowsセキュリティのポップアップが表示されることがあった問題

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

GeForceドライバ 381.65 WHQLがリリース

GeForceドライバ 381.65 WHQLがリリースされました。
381.65は、Quake Championsのクローズドβへの最適化が図られているほか、
Windows 10 Creators UpdateやNVIDIA TITAN Xp等への対応が追加されています。
なお、381.65におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


XSplitを使用する環境において、Rise of the Tomb RaiderのようなDX12タイトルで性能が低下していた問題

Battlefield 1- XP1 Updateにおいて、GeForce GTX TITAN XのSLI構成でTAAを有効にしていると、芝生や木がちらちらと光っていた問題

GeForce GTX1070搭載環境において、Serious Sam HDでV-Syncを有効にしていると、激しくちらついていた問題

GeForce GTX980 Ti搭載環境において、ゲームプレイ中にAlt+Tabキーでタスクを切り替えてローパワーステートに移行すると、GPUが時々スタックしていた問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

Intel HD Graphicsドライバ 15.40.34.4624がリリース

Intel® Graphics Driver for Windows* [15.40] - Intel

Intel HD Graphicsドライバ 15.40.34.4624 (15.40.34.64.4624) がリリースされました。
対応OSはWindows 7/8.1/10、対応CPUはHaswell/Broadwell/Braswellで、
対応OSと対応CPUの関係は下記のようになります。

Windows 7Windows 8Windows 8.1Windows 10
32bit64bit32bit64bit32bit64bit32bit64bit
Broadwell×
Haswell×
Braswell××○?×

バグフィックスの内容は、先日リリースされた15.40.xx.4624 Betaと同じなので、
それをベースとした正式版の可能性が高そうです。

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1がリリースされました。
17.4.1はnon-WHQLで、APUは非対応となります。
なお、17.4.1における新機能、およびバグフィックスの内容は下記の通り。


Radeon R9 Fury、R9 390、R9 290シリーズにおけるOculus Asynchronous Spacewarp (ASW) への対応

Windows 10がインストールされたRadeon RX480、RX470環境におけるSteamVR Asynchronous Reprojectionへの対応

DisplayPort 1.4のHBR3 (High Bit Rate 3) への対応

8K 60Hz dual cable、8K 30Hz single cableへの対応

FreeSync環境の一部において、ボーダーレスフルスクリーンでアプリケーションを実行していると、画面がちらつくことがあった問題

Radeon Settings経由でドライバをアップデートすると、Radeon Settingsのインストール時に動かない、または応答しない事があった問題

Tom Clancy's Ghost Recon Wildlandsにおいて、マルチGPU環境で性能が想定したほど上がらないことがあった問題

Radeon Softwareのインストール後にXConnectを急に取り外すと、システムがハングすることがあった問題

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Intel HD Graphicsドライバ 15.40.xx.4624 Betaがリリース

Intel® Graphics Test Driver - Intel

Intel HD Graphicsドライバ 15.40.xx.4624 Betaがリリースされました。
(ディスプレイドライバは20.19.15.4624)
対応OSはWindows 7/8.1/10の各64bit、対応CPUはHaswell/Broadwellで、
HaswellはWindows 10のみの対応となります。
(ダウンロードページはWindows 10のみになっている)
なお、15.40.xx.4624 Betaにおけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Fallout 4が起動時にクラッシュしていた問題 (Win10/Broadwell)

League of Legends、Diablo III、World of Warcraftをフルスクリーンで実行するとハングしていた問題 (Win10)

JavaScriptを使ったサイトを表示し、ディスプレイがOFFになった状態でシステムがアイドル状態をキープしていると、画面に何も写らなくなったり、アプリケーションがクラッシュすることがあった問題 (Win8.1&10/Haswell)

FIFA 17のThe Journeyで、プレーヤーの頭が消えていた問題 (Win8.1&10)

4台のバーチャルディスプレイ環境で、デフォルトで1台だけ有効になっていた問題 (Win10&Server2016/Broadwell)
※原文はOne virtual display enabled by default instead of 4 virtual displays

D3D11でメモリリークが発生していた問題 (Win8.1)

メモリリークが発生していた問題 (Win8.1/Broadwell)
※具体的な記載はなし

【関連】
Intel HD Graphicsドライバの最新情報はこちら

Ryzen買いました

DSC_7942.jpg

Ryzenを購入しました。
まぁ解禁されてから1ヶ月経過するので、購入している人も多いかと思いますが、
せっかくなので、開封の儀を執り行いと思います。
(画像はクリックで拡大)


<<< 続きを読む >>>

AMDが近々Ryzen用のBIOSのアップデートをリリースする予定

Gaming: AMD Ryzen™ Community Update #2 | Community - AMD

AMDが、Ryzenの性能向上や問題を修正したBIOS (AGESA) をリリースするようです。
上記では、まずAshes of the SingularityのRyzenへの最適化の話に始まり、
次にDOTA 2における最小FPSの引き上げに関することが書かれており、
最後に、BIOSのアップデートについて触れられています。

これによると、AMDはAGESA(※) 1.0.0.4をマザーボードベンダー向けに配布、
このAGESAをベースにしたBIOSが4月上旬頃にリリースされるようです。
ただし、リリース時期はベンダーによって異なる場合があります。
そして、このBIOSでは以下の変更点・修正点が含まれます。

※AMD Generic Encapsulated Software Architecture
 マザーボード上のシステムデバイスを初期化するためのブートストラッププロトコル


DRAMレイテンシが約6ns短縮。 レイテンシに対して過敏なアプリケーションの性能が向上する可能性がある。

異常なFMA3コードシーケンスがシステムハングを引き起こす可能性のある問題を解決

オーバークロック時にS3から復帰すると、動作クロックが間違って報告される「スリープバグ」の問題を解決

AMD Ryzen MasterでHPETが不要になる

1番目は、Ryzenのメモリアクセスが遅いと言われている問題に関係してそうです。
そして2番目は、特定のベンチを実行するとハングしていた問題、
3番目は、このブログでも紹介した動作クロック表示の不具合、
最後は、HPETの有効化を推奨していた話に関係すると思われます。

さらに、AGESAのアップデートは今後も継続し、次回は、
DDR4のオーバークロックにフォーカスしたアップデートを5月に予定しているとのこと。

【関連】
Ryzenのベンチ結果は不正確?! HWBotがベンチスコアの受付を停止

GIGABYTEからA320搭載マザーが登場

GA-A320-DS3 - GIGABYTE
GA-A320M-HD2 - GIGABYTE

GIGABYTEからA320搭載マザーが登場しました。
A320は、B350の下位に位置するエントリーチップセットとなります。
なお、X370/B350/A320の各チップセットのスペックの違いは下記のようになります。

チップセットUSB
3.1G2/3.1G1/2.0
SATASATAePCIe 2.0OC※
X3702/6/6428
B3502/2/626
A3201/2/64×

A320はオーバークロック非対応となっていますが、これは、
Ryzen Master Utilityによるオーバークロックには非対応ということで、
BIOSからの倍率変更によるオーバークロックは行える (4Gamer) そうです。

AMD X370/B350搭載マザーボードリスト (3月28日)

現時点で公式に製品情報を掲載しているX370/B350マザーボード一覧です。
リンク先は、メーカー公式の製品情報です。

【X370】
ASUS ROG CROSSHAIR VI HERO
ASUS PRIME X370-PRO
ASRock X370 Taichi
ASRock X370 Killer SLI/ac
ASRock X370 Killer SLI
ASRock Fatal1ty X370 Professional Gaming
ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4
BIOSTAR X370GT7
BIOSTAR X370GT5
BIOSTAR X370GT3
GIGABYTE GA-AX370-Gaming K7
GIGABYTE GA-AX370-Gaming K5
GIGABYTE GA-AX370-GAMING 5
MSI X370 XPOWER GAMING TITANIUM
MSI X370 GAMING PRO CARBON
MSI X370 KRAIT GAMING
MSI X370 SLI PLUS

【B350】
ASUS PRIME B350-PLUS
ASUS PRIME B350M-A
ASRock AB350 Pro4
ASRock AB350M Pro4
ASRock AB350M
ASRock Fatal1ty AB350 Gaming K4
ASRock AB350M-HDV
BIOSTAR B350GT5
BIOSTAR B350GT3
BIOSTAR B350ET2
BIOSTAR Hi-Fi B350S1
GIGABYTE GA-AB350-GAMING 3
GIGABYTE GA-AB350M-Gaming 3
GIGABYTE GA-AB350-Gaming
GIGABYTE GA-AB350M-D3H
GIGABYTE GA-AB350M-DS2
GIGABYTE GA-AB350M-HD3
MSI B350 TOMAHAWK ARCTIC
MSI B350 TOMAHAWK
MSI B350M GAMING PRO
MSI B350M MORTAR ARCTIC
MSI B350M MORTAR
MSI B350M BAZOOKA
MSI B350 PC MATE

【A320】
GIGABYTE GA-A320-DS3
GIGABYTE GA-A320M-HD2

※GA-AX370-Gaming K5とA320搭載マザーを追加

【関連】
Ryzenが販売開始

<<前のページ | 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



WEB限定 今週のセール品
人気商品ランキング
Palitビデオカード一覧



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品
オリジナル自作キット


パソコン工房

通販限定 日替わり特価icon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PCキット各種icon



激安エントリーサーバ
在庫処分セール
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

フィードメーター - よっちゃんのチラ裏

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...