よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4 Release Notes - AMD
「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4」リリース。「Warhammer 40,000: Dawn of War III」最適化版として - 4Gamer

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.4がリリースされました。
17.4.4は非WHQLで、Warhammer 40,000: Dawn of War III向けに最適化されており、
Radeon RX580搭載環境において、17.4.3比で最大7%の性能向上が図られています。
なお、17.4.4におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


HDMI接続時にスケーリングを行うと、画面がおかしくなることがあった問題

マルチGPU構成において、4K解像度でDX11版Battlefield 1をプレイすると、かくつきが発生することがあった問題

Windows 10 Creators UpdateでMass Effect: Andromedaをプレイすると、正しくないHDRカラーが表示されることがあった問題

Radeon Settingsのヘルプで間違った、あるいは利用できない機能の説明が表示されることがあった問題

Radeon RX550搭載環境で、システムを長時間再起動していない場合にハングすることがあった問題

XConnect環境でRadeon Softwareをインストールした後、再起動のプロンプトが表示されないことがあった問題

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3 WHQLがリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.3がリリースされました。
17.4.3はWHQL版で、WHQL版としては初のWindows 10 Creators Update対応、
また、先日発表されたRadeon RX580/RX570にも対応します。
なお、17.4.3ではバグフィックスは行われておりません。

【既知の問題】

一部のRadeon R9 390シリーズ搭載環境において、Radeon WattManの設定の適用に失敗することがある問題

CrossFireモードに切り替えた後、Windowsのログオンユーザーを変更するとRadeon Settingsがクラッシュすることがある問題
※原文はRadeon Settings may crash on switching Windows® user after toggling AMD CrossFire™ technology mode.

FreeSyncが有効な環境で、一部のアプリケーションをボーダーレスフルスクリーン表示にすると、プライマリディスプレイ上で他のアプリケーションやゲームランチャーがバックグランドで実行されている場合、まだ問題が継続して発生する場合がある
※17.4.1で解決されたはずの問題が、一部のアプリケーションで継続して発生する可能性があるのかもしれません。 原文はA small amount of apps may still experience issues with Borderless Fullscreen mode and AMD FreeSync™ technology if other applications or game launchers are running on the primary screen in the background.

Counter-Strike: Global Offensive、およびWorld of Warcraftにおいて、FreeSyncが有効な環境でシステムをブートしたあと、ゲームの初回起動時にちらつきやパフォーマンスの問題が発生することがある問題
※ゲームをいったん終了して再起動、または、Alt+Tabでタスクを切り替え直すと回避できるもよう

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2 Release Notes - AMD
Windows 10「Creators Update」正式対応の「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2」が登場 - 4Gamer

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.2がリリースされました。
17.4.2は非WHQLで、APUにも対応するほか、
Windows 10 Creators Updateへの対応がハイライトとして追加されています。
なお、17.4.2におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


SteamVR Asynchronous Reprojectionをサポートするハードウェア上で、機能しない、あるいは有効にできないことがあった問題

DX11版Battlefield 1で、マルチGPUの性能が上がらないことがあった問題

拡張ディスプレイ構成のWindows 7環境で、Radeon ReLiveを使った録画でちらつくことがあった問題

システムをログオフ、または再起動した後、Radeon Settingsのアプリケーションプロファイルが保持されないことがあった問題

Hybrid Graphicsで (ドライバを?) インストール、再起動を行うと、Windowsセキュリティのポップアップが表示されることがあった問題

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.4.1がリリースされました。
17.4.1はnon-WHQLで、APUは非対応となります。
なお、17.4.1における新機能、およびバグフィックスの内容は下記の通り。


Radeon R9 Fury、R9 390、R9 290シリーズにおけるOculus Asynchronous Spacewarp (ASW) への対応

Windows 10がインストールされたRadeon RX480、RX470環境におけるSteamVR Asynchronous Reprojectionへの対応

DisplayPort 1.4のHBR3 (High Bit Rate 3) への対応

8K 60Hz dual cable、8K 30Hz single cableへの対応

FreeSync環境の一部において、ボーダーレスフルスクリーンでアプリケーションを実行していると、画面がちらつくことがあった問題

Radeon Settings経由でドライバをアップデートすると、Radeon Settingsのインストール時に動かない、または応答しない事があった問題

Tom Clancy's Ghost Recon Wildlandsにおいて、マルチGPU環境で性能が想定したほど上がらないことがあった問題

Radeon Softwareのインストール後にXConnectを急に取り外すと、システムがハングすることがあった問題

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.3がリリースされました。
17.3.3では、DX11版Mass Effect: AndromedaのマルチGPUプロファイル(※)が追加、
そして、同ゲームにおけるマルチGPU構成において、
テクスチャがちらつくことがある問題が修正されています。

バグフィックスはこの1件のみとなります。
17.3.2から、同ゲームへの最適化がさらに進められたという感じでしょうか。

※コマンドラインに「-RenderDevice.AmdCrossfireEnable 1」を追加する

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.2がリリースされました。
本ドライバは非WHQLで、APUは非対応となります。
また、Mass Effect: Andromedaに対する最適化が図られており、
Radeon RX480 8GB&17.3.1と比べて性能が最大12%向上するほか、
最適化されたテッセレーションプロファイルが追加されています。
なお、17.3.21におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


DX12版のThe Divisionにおいて、一部の表面のテクスチャがおかしくなることがあった問題

マルチGPU (4 GPU) 構成で、For Honorのメニュー画面やタスクを切り替えようとすると、テクスチャがちらついたり画面が真っ暗になることがあった問題

※追記
「Radeon Software Crimson Edition 17.3.2」公開。今回は「Mass Effect: Andromeda」最適化版 - 4Gamer

4Gamerにも関連記事が掲載されました。
今回の翻訳文は、4Gamerのほうが正しいかもしれないので、
こちらもあわせてご覧下さい。

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.1がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.3.1がリリースされました。
17.3.1は非WHQLで、APUは非対応となります。
また、Tom Clancy's Ghost Recon Wildlandsにおいて、
Radeon RX480搭載環境で、17.2.1比で最大6%の性能向上が図られているほか、
同ゲームのDX11版でマルチGPUプロファイルが追加されています。
なお、17.3.1におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Battlefield 1において、タスクの切り替えを行ってゲームに戻ると、テクスチャや地形がちらつくことがあった問題

For Honorにおいて、メニューでキャラクターをハイライト表示させると、そのキャラクターがちらついたり、おかしくなることがあった問題

For Honorにおいて、マルチGPUを有効にしていると、テクスチャがちらつくことがあった問題

ユーザーアカウントにスペースが含まれているシステムで、最新ドライバのRadeon Settingsのインストールに失敗することがあった問題

Radeon RX480搭載環境の一部で、マウスカーソルがおかしくなることがあった問題

システムがスリープやハイバネートに移行した後、Radeon WattManでカスタムされたファン設定が保持されないことがあった問題

Radeon R9 380搭載環境の一部で、Radeon WattManの設定を調整すると、画面がちらついたりアプリケーションがハングすることがあった問題

Radeon Softwareをカスタムインストールする際、「Restart Now」を選択すると再起動に失敗することがあった問題

FreeSyncが有効なマルチティスプレイシステムの一部において、ボーダーレスフルスクリーンモードにしていると、かくつきが発生したり、ちらついたりすることがあった問題

Hyper-Vが有効化されたWindowsシステムで、Radeon ReLiveが機能しなかった問題

Counter-Strike: Global Offensiveにおいて、Radeon Chillを使用するとかくつきが発生することがあった問題

DOTA 2において、Radeon ReLiveが有効化されたシステムの一部でかくつきが発生することがあった問題

前回の17.2.1以降、32bit版Windows 8.1は非対応になっているので注意が必要です。

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1がリリース (Update)

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.2.1がリリースされました。
17.2.1は非WHQLですが、APUにも対応します。
(※02/23 WHQL版のリリースを確認しました)
また、Radeon RX480搭載環境において、For HonorやSniper Elite 4で、
17.1.2比で最大4~5%の性能向上が図られているほか、
両ゲーム向けにマルチGPUプロファイル (DX11) が追加されています。
なお、17.2.1におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


マルチGPU構成において、For Honorでフルスクリーンやメニュー画面に切り替えるとクラッシュすることがあった問題

GCN世代のRadeonの一部で、DXVA H.264でエンコードされた動画を早送りしたり、コンテンツの検索 (細かく飛ばして好みのシーンを探すような動作?) を行うとおかしくなることがあった問題

フルスクリーンアプリケーションの一部で、FreeSyncが有効化できないことがあった問題

Counter-Strike: Global Offensiveにおいて、Radeon Chillが有効になっていると、デフォルトのスライダの値が正しくないことがあった問題

Radeon ReLiveのビデオキャプチャで、オーバーレイ表示したシステム情報からGPU情報が消えていることがあった問題

DayZにおいて、Radeon ReLiveのInstant Replay/Recordingがアクティブになっているとアプリケーションがクラッシュ、または、機能が想定通りに動作しないことがあった問題

Radeon R9 380シリーズで、メモリクロックが低いままロックされることがあった問題

WindowsメディアプレーヤーやPower DVDを起動した状態で、Radeon ReLiveの録画をフルスクリーンで行うと、ちらつくことがあった問題
※原文はRadeon ReLive recording in fullscreen with Windows Media Player or Power DVD may experience flickering.

Radeon HD7900シリーズ搭載環境において、Civilization VIで影の描写を無効にすると、影の部分がおかしくなることがあった問題

GRID Autosportにおいて、Advanced Lightingオプションを有効にしていると、アプリケーションがハングすることがあった問題

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2がリリース→WHQLに

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2 Release Notes - AMD
「Conan Exiles」「Ghost Recon Wildlands」へ最適化した「Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2」登場 - 4Gamer

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.2がリリースされました。
17.1.2は非WHQL、APUへは非対応で、Conan Exiles Beta、および、
Tom Clancy's Ghost Recon Wildlands Betaへの最適化が図られています。
なお、17.1.2におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Radeon WattManでメモリクロックを変更すると、断続的に最小設定のまま動かなくなる、あるいは、最小最大間で断続的に切り替わることで、ディスプレイがちらつくことがあった問題
※原文には「more than one display connected」とあり、そのまま解釈すれば必然的にほぼ全てのシステムを指すことになると思うのですが、あえて台数を書いているということは、モニターレスなシステムの存在を考慮しているのか、あるいは増設しているディスプレイの台数を指している可能性があるかもしれません。

DX9版Diablo IIIで、煙や光のエフェクトがおかしくなることがあった問題

一部のアプリケーションにおいて、断続的、あるいはランダムにatidxx64.dllがクラッシュすることがあった問題

Hybrid Graphics、またはPowerXpressを使用する環境において、FIFA 17を起動すると画面が真っ暗になる事があった問題

Radeon RX300 (R9 300? RX400?) シリーズ搭載環境の一部において、Watch Dogs 2を長時間プレイすると、ゲームがクラッシュすることがあった問題

マルチGPU環境において、Paragonでグラフィックス設定を変更すると、プロファイルやストアのプレビューページがちらつくことがあった問題

GCN世代のRadeon搭載環境の一部において、Forza Horizon 3のDLC「Blizzard Mountain」を導入していると、アプリケーションがクラッシュしたり、ハングすることがあった問題

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.1.1 (non-WHQL) がリリースされました。
17.1.1はAPUには非対応、また、バイオハザード7への最適化が図られています。
なお、17.1.1におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Radeon R9 380搭載環境の一部で、Dishonored 2がクラッシュしたり、ハングすることがあった問題

Windows 7のベーシックテーマを使用すると、Radeon ReLiveが不適当なワーニングメッセージをポップアップすることがあった問題

XConnectを使用している環境で、オーディオドライバがロードされるとBSoDが発生することがあった問題

XConnectをアンプラグするとSolidworksが終了してしまうことがあった問題

一部のシステム構成において、16.12.1以降をインストールしたあと、画面が真っ暗になることがあった問題

アプリケーションがディスプレイのタイムアウトから復帰した後、ディスプレイがおかしくなったり、TDRが発生することがあった問題

マルチGPU構成でParagon (DX11) をプレイするとちらつくことがあった問題

Desktop Recordingと (または) Instant Replayが有効にされた状態でマルチGPUを切り替えると、Radeon ReLiveがクラッシュしたり、応答しなくなったりすることがあった問題
※原文はRadeon ReLive may crash or become unresponsive when toggling Multi GPU with Desktop Recording and/or Instant Replay enabled.

【関連】
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

| 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



WEB限定 今週のセール品
人気商品ランキング
Palitビデオカード一覧



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品
オリジナル自作キット


パソコン工房

通販限定 日替わり特価icon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PCキット各種icon



激安エントリーサーバ
在庫処分セール
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

フィードメーター - よっちゃんのチラ裏

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...