よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

GeForceドライバ 387.98 Hotfixがリリース (Update)

GeForce Hotfix Driver Version 387.98 - NVIDIA

GeForceドライバ 387.98 Hotfixがリリースされました。
387.98におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


ノートPCにG-Syncディスプレイを接続してゲームをプレイすると、かくつきが発生していた問題

GM204ベースのGeForce 965M/970M/980Mを搭載したAlienware製ノートPCへの対応

※10/17追記
GeForce Experience をダウンロード|NVIDIA - NVIDIA
「GeForce Experience」にDoSや権限昇格の脆弱性、修正版のv3.10.0.55… - 窓の杜

この387.98、およびそれ以前のGeForce Experienceに脆弱性が発見されたようです。
これを受け、NVIDIAは16日付けでGeForce Experience 3.10.0.55をリリースしました。
ドライバが最新であってもGeForce Experienceは最新ではないので、
同アプリをインストールしている人は、アップデートした方がよさそうです。

GeForceドライバ 387.92 WHQLがリリース

「GeForce 387.92 Driver」公開。Release 387世代の幕開けを告げるドライバは,多数の新要素が追加に - 4Gamer

GeForceドライバ 387.92 WHQLがリリースされました。
387.92では、Middle-earth: Shadow of War、The Evli Within 2、
およびVRタイトルのARKTIKA.1に対する最適化、さらに、
Forza Motorsport 7において、385.69比で15~25%の性能向上が図られています。
また、新要素の追加も多く、下記の拡張が行われています。

・OpenGL 4.6への対応
・GameStreamの拡張
・Fast Syncの拡張
・Vulkan対応の拡張
・DirectX対応の拡張
・SLIの拡張
・3D Visionの拡張

それぞれの詳しい内容について、上記4Gamerの記事をごらん下さい。
なお、387.92におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


X299プラットフォームでSLIを構築していると、GPU使用率が低くなるため、結果的にパフォーマンスが低下していた問題

Fast Syncが有効な環境で、マウスカーソルを動かしながらYouTubeの動画を全画面再生していると、(マウスカーソルが?) ぴくぴくしていた問題

Discordの実行中、アプリケーション内にFPSがオーバーレイ表示されていた問題
※原文には「Share FPS」とあるのですが、この部分の解釈がいまいち不明です

HTC Viveにおいて、VR画面がランダムにジャンプしていた問題
※原文は「[HTC Vive]: VR view may jump at random times. 」

Windows 10において、ドライバをアップデートしたあと、NVIDIAコントロールパネルのカスタム解像度が保存されなかった問題

ASUS製4Kディスプレイを接続している環境において、ドライバをアップデート、またはロールバックすると、NVIDIAコントロールパネルの「ビデオカラー設定の調整」にある「NVIDIAの設定を使用」の項目が保存されなかった問題

Windowsの起動中、画面上で線のようなものが一時的に点滅していた問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 385.69 WHQLがリリース (Update)

GeForceドライバ 385.69 WHQLがリリースされました。
385.69は、 Project Cars 2、Call of Duty: WWII (オープンβ)、
Total War: WARHAMMER II、Forza Motorsport 7、EVE: Valkyrie – Warzone、
FIFA 18、Raiders of the Broken Planet、Star Wars Battlefront 2 (オープンβ)、
および、VR版のEVE: Valkyrie – Warzone、From Other Suns (オープンβ) に最適化されたGame Readyドライバとなります。
なお、385.69におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Doom 4において、SLIを有効にした状態でAlt+Tabキーを押し、インスタントリプレイをON、または手動でのキャプチャを行うと激しくちらついていた問題

GeForce GTX1070搭載環境において、Ctrl+Alt+SでSurroundの有効/無効を切り替えることができなかった問題

GeForce GTX1050 Ti搭載環境において、The Binding of Isaac: Rebirthをフルスクリーンで実行すると、フレームレートの低下やラグが発生していた問題

GeForce GTX1080を搭載したノーPCにおいて、G-Sync有効時に外部ディスプレイでゲームをプレイするとかくつきが発生していた問題

GeForce GTX970Mを搭載したノートPCにおいて、HitFilm ExpressのUIが正常に応答しなかった問題

Optimus搭載ノートPCにおいて、Minecraftをフルスクリーンで実行するとフレームレートが低下していた問題

Optimus搭載ノートPCにおいて、ドライバを385.28にアップデートした後にMinecraftをフルスクリーンで実行すると、フレームレートが低下していた問題

Optimus搭載ノートPCにおいて、Heaven BenchmarkやOglBallsのようなOpenGLアプリケーションの実行中に、画面が激しくちらついていた問題

Discord (ゲーマー向けチャットツール) において、GeForce Experienceを有効にしている場合、正しくないFPSがオーバーレイ表示されていた問題

RuneScapeでフレームレートが低下していた問題

Windowsストアアプリケーションにおいて、G-Syncを有効かつフルスクリーンモードにした状態でストアアプリからビデオを再生すると、アプリケーションがかくつき、最終的にフリーズしていた問題

G-Sync有効時、UWP版のゲームとスタートメニューの間でフォーカスを切り替えると、スタートメニューのロードが遅くなっていた問題

HDR TV/ディスプレイが接続された環境で、Windowsコントロールパネルから解像度を変更すると、色がおかしくなっていた問題

フレームレートが240FPSを超える場合、NVENCによるエンコードのビットレートがオーバーシュートしていた問題

Aven ColonyにおけるAnselに関する内容。 原文はEnable updated .exe for Aven Colony.

※09/24追記
Security Bulletin: NVIDIA GPU contains multiple vulnerabilities in the kernel mode layer handler - NVIDIA

コメント欄にて提供いただいた情報です。
NVIDIAのドライバに、DoSや特権昇格など引き起こす複数の脆弱性があるようです。
これによると、GeForceについては385.69で修正されているということなので、
今回は、全ユーサー向けの必須のアップデートといえそうです。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 385.41 WHQLがリリース

GeForceドライバ 385.41 WHQLがリリースされました。
385.41は、Destiny 2 (オープンBeta)、PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS、
ARK: Survival Evolved、F1 2017、Pro Evolution Soccer 2018、および、
Quake Champions (早期アクセス) へ最適化されたGame Readyドライバとなります。
なお、385.41におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GeForce GTX970搭載環境において、Quantum Breakのプレイ中にフレームレートが落ち込むことがあった問題

バグフィックスはこの1点のみとなります。
修正点より最適化されたタイトルの数の方が多いので、
そちらに重きを置いたアップデートなのかもしれませんね。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 385.28 WHQLがリリース

「GeForce 385.28 Driver」リリース。「Agents of Mayhem」などに向けた最適化版 - 4Gamer

GeForceドライバ 385.28 WHQLがリリースされました。
385.28は、VRタイトルのKilling Floor: Incursion、および、
Agents of Mayhemへの最適化が図られたGame Readyドライバとなります。
なお、385.28におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GeForce GTX1070でDoomのプレイを終了した後でも、GPUのクロックが高いまま維持されていた問題

GeForce Experienceからドライバのアップデートを行うと、「Any file is missing」というエラーメッセージが表示されていた問題

Call of Duty Infinite Warfareにおいて、ドライバのアップデートを行うと性能が低下していた問題

X299チップセット搭載環境でSLIを構築すると、GPU使用率が低いために性能が低下していた問題

ドライバが、GeForce MX150を搭載したXiaomi製ノートPC「TM1604」をサポートしていなかった問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 385.12 Betaがリリース

GeForceドライバ 385.12 Betaがリリースされました。
385.12では、TITAN Xpでいくつかのアプリケーションへの最適化が図られていますが、
リリースノードが公開されておらず、また、それ以外の詳細も記載されていません。
なお、対応GPUはTITAN Xpだけでなく、それ以外のGPUにも対応するようです。

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 384.94 WHQLがリリース

GeForceドライバ 384.94 WHQLがリリースされました。
384.94は、LawBreakers、ARK: Survival Evolved、Fortnite (早期アクセス)、Dark and Light、
および、Hellblade: Senua's Sacrifice向けに最適化されたGame Readyドライバで、
VRタイトル、EVE: Valkyrieにおける「Ultra」画質への最適化も図られています。
なお、384.94におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GeForce GTX 980 SLI環境において、SLIを有効にしたあと、IL-2 Sturmovik: Battle of Stalingradの性能が向上しなかった問題

Star Ruler 2において、開始数分以内にゲームがクラッシュしていた問題

TITAN Xp搭載環境において、フルスクリーンモードでMass Effect - Andromedaを起動した後、ゲーム内のHDR設定画面からHDRが有効にできなかった問題

GeForce GTX1080/GTX1070搭載環境において、WindowsのHDR設定とShadow Warrior 2のHDR設定が競合し、彩度が高くなりすぎていた問題

GeForce GTX970搭載環境において、R384ドライバを導入しているとGears of War 4がフリーズすることがあった問題

GeForce GTX780(Ti)搭載環境において、NieR:Automataのプレイ中に画面がフリーズすることがあった問題

TITAN Xp搭載環境において、Watch Dogs 2の起動時にゲームがクラッシュすることがあった問題

GeForce GTXシリーズ搭載環境において、DNFのパフォーマンスが低下していた問題
※おそらくゲームの名称だと思われますが、アラド戦記 (Dungeon & Fighter) なのか、Duke Nukem Foreverなのかは分かりません

WindowsストアのChannel 9やrPlayにおいて、全画面の場合アプリケーションによる再生がとぎれとぎれになり、アプリケーションがクラッシュしていた問題

GeForce GTX980搭載環境において、DisplayPortでディスプレイと接続している場合に、一度ディスプレイの電源を切って再投入しても、ディスプレイが信号を検知できなかった問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 384.80 Hotfixがリリース

GeForce Hotfix driver version 384.80 - NVIDIA

GeForceドライバ 384.80 Hotfixがリリースされました。
本ドライバでは、Watch Dogs 2が起動時にクラッシュする問題が解決されています。

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 384.76 WHQLがリリース

GeForceドライバ 384.76 WHQLがリリースされました。
384.76は、Beta版Lawbreakers Rise UpやSpider-man: Homecomingといった、
VRゲームへの最適化が図られたGame Readyドライバとなります。
なお、384.76におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


NVIDIAコントロールパネルの、ステレオスコピック3Dの互換性のページにおいて、Command & Conquer Tiberium Alliancesのゲーム名が誤っていた問題

3DVisionを有効にすると、CPUがボトルネックになっていた問題

GeForce GTX1080/1070/1060搭載環境においてPreyをプレイすると、かなりのかくつきが発生していた問題

DX12ゲームでストリーミングを行うと、ゲームのキャプチャに失敗していた問題

Firefallが起動できなかった問題

GeForce GTX970のSLI環境において、Norton 360を無効にするか、あるいはセーフモードにしないとSLIが有効にできなかった問題

Doom 2016において、Vulkanを使用すると不具合が発生していた問題

No Man's Skyにおいて、SLIを有効にするとテクスチャがおかしくなっていた問題

Windowsストアのビデオアプリケーションで、V-SyncをOFFにしてビデオを再生すると、とぎれとぎれになっていた問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

GeForceドライバ 382.53 WHQLがリリース

GeForceドライバ 382.53 WHQLがリリースされました。
382.53は、DiRT 4とNex Machinaに最適化されたGame Readyドライバとなります。
この382.53におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


DX11の一部のゲームにおいて、NVIDIAコントロールパネルからFast Syncを選択した場合、ゲーム内でV-Syncが機能しなかった問題
※結果として、ゲームのフレームレートが最大リフレッシュレートで固定されず、ティアリングが発生する可能性があった

Aerofly RC 7において、影を有効にしていると、ゲーム内の描画がおかしくなっていた問題

ドライバをアップデートすると、Tombstone Engineで作成したゲームで画面がおかしくなっていた問題
※Demo版ダウンロードに、最新ドライバにバグがあること、古いドライバの使用を推奨していることなどから、おそらくこういう意味だと思われます。

GeForce GTXシリーズのSLI環境において、クローン、または拡張モードからセカンダリディスプレイのみ表示するモードに切り替えた後でも、セカンダリディスプレイがブランクのままになっていた問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

【関連】
GeForceドライバの最新情報はこちら

| 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



WEB限定 今週のセール品
人気商品ランキング
Palitビデオカード一覧



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品
オリジナル自作キット


パソコン工房

通販限定 日替わり特価icon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PCキット各種icon



激安エントリーサーバ
在庫処分セール
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

フィードメーター - よっちゃんのチラ裏

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...