よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

NTT-X - PLEXTOR PX-256M8PeGN-06が今ならクーポン割引で\10,780

AMD X370/B350搭載マザーボードリスト (3月22日)

現時点で公式に製品情報を掲載しているX370/B350マザーボード一覧です。
リンク先は、メーカー公式の製品情報です。

【X370】
ASUS ROG CROSSHAIR VI HERO
ASUS PRIME X370-PRO
ASRock X370 Taichi
ASRock X370 Killer SLI/ac
ASRock X370 Killer SLI
ASRock Fatal1ty X370 Professional Gaming
ASRock Fatal1ty X370 Gaming K4
BIOSTAR X370GT7
BIOSTAR X370GT5
BIOSTAR X370GT3
GIGABYTE GA-AX370-Gaming K7
GIGABYTE GA-AX370-GAMING 5
MSI X370 XPOWER GAMING TITANIUM
MSI X370 GAMING PRO CARBON
MSI X370 KRAIT GAMING
MSI X370 SLI PLUS

【B350】
ASUS PRIME B350-PLUS
ASUS PRIME B350M-A
ASRock AB350 Pro4
ASRock AB350M Pro4
ASRock AB350M
ASRock Fatal1ty AB350 Gaming K4
ASRock AB350M-HDV
BIOSTAR B350GT5
BIOSTAR B350GT3
BIOSTAR B350ET2
BIOSTAR Hi-Fi B350S1
GIGABYTE GA-AB350-GAMING 3
GIGABYTE GA-AB350M-Gaming 3
GIGABYTE GA-AB350-Gaming
GIGABYTE GA-AB350M-D3H
GIGABYTE GA-AB350M-DS2
GIGABYTE GA-AB350M-HD3
MSI B350 TOMAHAWK ARCTIC
MSI B350 TOMAHAWK
MSI B350M GAMING PRO
MSI B350M MORTAR ARCTIC
MSI B350M MORTAR
MSI B350M BAZOOKA
MSI B350 PC MATE

解禁当日は、マザーボードが不足する可能性があるといわれていますが、
はたして、どの製品が店頭に並ぶのでしょうか。

【関連】
Ryzenが販売開始

Ryzenのベンチ結果は不正確?! HWBotがベンチスコアの受付を停止 (Update)

Ryzen Platform Affected by RTC Bias; W8/8.1/10 Not Allowed on Select Benchmarks - HWBot

HWBotが、AM4プラットフォームにおけるベンチマークの結果は不正確だとして、
Windows 8以降のOSで実行されたベンチ結果 (一部を除く) の受付を停止しました。
Ryzenでバスクロックを変更してオーバークロック/ダウンクロックを行った場合、
RTC (Wikipedia) が影響を受けて狂いが生じることにより、
ベンチマーク結果の正確性が失われるそうです。

これに関して、HWBotでは、HPET (Wikipedia) を常時有効にすることを推奨しています。
また、Windows 7では影響は受けないとしており、このほか、
倍率変更によるオーバークロックも影響を受けないとしていますが、
これについては、現在調査中とのことです。

さらに、Ryzenにはスリープバグなるものがあるようで、
その様子がYouTubeにアップされています。


この動画では、1700Xを4GHzにオーバークロックしてベンチをしているのですが、
ベンチ中にスリープ→スペースキーを押して復帰させベンチを継続させると、
ベンチ結果が通常より高いスコアを示し、動作クロックが4.2GHzを表示したとのこと。
システムを再起動すると4GHzに戻るものの、スリープに入ると再度4.2GHzに。
4.2GHz表示でベンチが高いスコアを出し、かつ安定していたということで、
その後BIOSで4.2GHzに設定したものの、起動成功は10回中1回、
その1回はBIOSまでで、Windowsは起動できなかったそうです。

RTC云々でベンチ結果の正確性が失われるという話は2013年にも報じられており、
このときも、HWBotがWindows 8のベンチ結果を無効化すると発表しました。
今回の件も、これと同じではないかと思われます。
これによってRyzenの性能が変わるわけではありませんが、
性能比較や、競技目的でベンチを取る場合は問題となってきます。
そしてスリープバグ。 こちらの詳細も気になるところです。


※追記
Ryzen発売以来、メモリ周りの可能性が疑われる原因によってシステムが起動しない、
あるいは起動しても安定しないという報告がTwitter等でいくつか見受けられますが、
そんな中、突如安定したという報告が出てきました。


その直前にやったことは、HPETをEnableにしただけとのこと。
ご本人曰く、Disableにして検証していないので断定はできないということですが、
これをきっかけに安定するようになったということは、
大いに関係している可能性が高いかもしれません。
Ryzen搭載環境が安定しないという人は、試してみてはどうでしょうか。


※さらに追記


続報です。
ご覧いただいたとおり、設定を元に戻しても、Disableにしても安定していたそうです。
これにより、原因は完全に闇の中…となるのでしょうか。

【関連】
HWBotがWindows 8でのベンチマークスコアの無効化を発表
Windows 8のRTC問題を回避する方法

Ryzenが販売開始

西川善司の3DGE:「Ryzen」は何が新しくなったのか。そのマイクロアーキ… - 4Gamer
AMDが新CPU「Ryzen 7」を発売。続けて「Ryzen… - 後藤弘茂のWeekly海外ニュース
「Ryzen 7 1800X」レビュー。「買える値段」の8コアCPUはゲーマーに何をも… - 4Gamer
AMD「Ryzen 7 1800X」はIntelの牙城を崩せるか? - PC Watch
インテル超え確実!? Ryzen 7最速ベンチその実力とは? - ASCII.jp
RYZEN 7 1800X徹底検証 - ついに登場した新世代CPUは「AM… - マイナビニュース

KitGuru
Tom's Hardware
Legit Reviews
OverclockersClub
HEXUS.net
Guru3D
AnandTech

Ryzenの販売とレビューが解禁されました。

・Ryzen 7 1800X (3.6-4.0GHz/8C16T/L2 4MB/L3 16MB/95W)
・Ryzen 7 1700X (3.4-3.8GHz/8C16T/L2 4MB/L3 16MB/95W)
・Ryzen 7 1700 (3.0-3.7GHz/8C16T/L2 4MB/L3 16MB/65W)

Ryzenは事前情報では評判がよく、期待していた人は多いかと思います。
はたして、その性能は本物なのか、Athlon 64 X2の再来となるか、
(時間的な都合もあるので) 詳細は各サイトのレビューをご覧下さい。

また、解禁にあわせ、各ショップでは深夜販売も行われました。
CPUは十分な量が確保されているものの、
マザーボードなどAM4対応製品は、どのショップも品薄なようです。
さらに、メモリの枚数やランクによって動作クロックが変わるので、
導入予定の人は、そのあたりに気をつける必要があります。

・シングルランク 2枚 - DDR4-2666
・デュアルランク 2枚 - DDR4-2400
・シングルランク 4枚 - DDR4-2133
・デュアルランク 4枚 - DDR4-1866

[ AM4対応製品各種 ] TSUKUMO ワンズ ソフマップicon ドスパラ Amazon

【関連】
Ryzenのベンチ結果は不正確?! HWBotがベンチスコアの受付を停止
CPU-Z for Ryzenがリリース
Ryzenの深夜販売@PCワンズ

Ryzenの深夜販売@PCワンズ

Ryzenの販売が解禁されました。
各ショップでは、解禁にあわせて深夜販売が行われましたが、
日本橋では、PCワンズが深夜販売を開催したので、参加してきました。


<<< 続きを読む >>>

Ryzenの価格が判明

「必ず買いますよ」 - エルミタージュ秋葉原

Ryzenの国内価格が判明したようです。
エルミタによると、各モデルの価格は下記の通り。

・Ryzen 7 1800X (3.6-4.0GHz/8C16T/L3 16MB/95W/約\65,000)
・Ryzen 7 1700X (3.4-3.8GHz/8C16T/L3 16MB/95W/約\50,000)
・Ryzen 7 1700 (3.0-3.7GHz/8C16T/L3 16MB/65W/約\43,000)

流通量は非常に多いということなので、争奪戦になることはなさそうです。
しかし、マザーボードについては、CPUに対して圧倒的に少なく、
一時的に品不足になる可能性があるそうです。
また、CPUクーラーは、上位2モデルは付属しないので購入する必要がありますが、
こちらも、対応製品が非常に少ないということです。

【関連】
Ryzenが販売開始
CPU-Z for Ryzenがリリース

Ryzenのパッケージと本体の画像

AMD Ryzen packaging pictured as well - VideoCardz.com
AMD Ryzen CPUs pictured - VideoCardz.com

Ryzenのパッケージ、およびCPU本体の画像が掲載されています。
先日、海外通販サイトに掲載されたボックスの画像は黒を基調としたものですが、
今回掲載されているのは、グレーを基調にしたものとなっているほか、
Ryzen 7のようなサブブランドの数字が表示されるなど、デザインも異なっています。
一方、CPU本体は、ヒートスプレッダに「RYZEN」の刻印が確認できます。
(刻印がない手持ちのCPUはESらしい)

ベンチマークなど、Ryzenに関連する情報がちらほら出ていたものの、
「CPU本体の写真が全然出てこない」などと言われていましたが、
発表を目の前にして、ようやくその姿が確認されました。

【関連】
Ryzenが販売開始

Ryzenは2月28日発表、発売は3月3日

「Nintendo Switchと同じ、ひな祭りに発売」 - エルミタージュ秋葉原
AMD Ryzen Processor Box Art Leaks Out – Ryzen 7 1800X, Ryzen 7… - WCCFtech
AMD Ryzen Reviews and Shipping Coming on February 28th - techPowerUp

Ryzenの発表は2月28日、発売は3月3日となるようです。
また、28日はNDAが解禁されるため、各サイトからレビューが公開されます。
なお、販売が解禁されるのは3日午前0時で、深夜販売も予定されているとのこと。
当日発売されるのは、Ryzen 7 1800X/1700X/1700の3モデルだけのようです。

・Ryzen 7 1800X (3.6-4.0GHz/8C16T/L3 16MB/95W/$499)
・Ryzen 7 1700X (3.4-3.8GHz/8C16T/L3 16MB/95W/$389)
・Ryzen 7 1700 (3.0-3.7GHz/8C16T/L3 16MB/65W/$319)

以前の型番には「R」が付いていましたが、この情報では「R」なしになっています。
また、マザーボードは、先月の時点では28日に発売とありましたが、
今回の情報を見る限りでは、3日にRyzenと同時発売で
X370とB350搭載マザーが発売の予定です。

ここ最近は特に、ベンチマークなどの情報が各所から出ていますが、
NDA解禁が間近に迫っているので、レビューを待つのもありかなと思います。

【関連】
Ryzenが販売開始

Ryzenのスペックと価格が判明か?!

AMD Ryzen Full Lineup Prices, Specs & Clock Speeds Leaked – 8 Cor… - WCCFtech
AMD's "X" Nomenclature on Upcoming Ryzen Chips Related To XF… - techPowerUp
AMD Ryzen reference coolers leaked - VideoCardz.com

Ryzenのスペックと価格が判明したようです。
WCCFtechによると、ラインナップ、スペック、価格は下記の通り。

・Ryzen R7 1800X (3.6-4.0GHz/8C16T/L3 16MB/95W/$499)
・Ryzen R7 1700X (3.4-3.8GHz/8C16T/L3 16MB/95W/$389)
・Ryzen R7 1700 (3.0-3.7GHz/8C16T/L3 16MB/65W/$319)
・Ryzen R5 1600X (3.3-3.7GHz/6C12T/L3 16MB/95W/$259)
・Ryzen R5 1500 (3.2-3.5GHz/6C12T/L3 16MB/65W/$229)
・Ryzen R5 1400X (3.5-3.9GHz/4C8T/L3 8MB/65W/$199)
・Ryzen R5 1300 (3.2-3.5GHz/4C8T/L3 8MB/65W/$175)
・Ryzen R3 1200X (3.4-3.8GHz/4C4T/L3 8MB/65W/$149)
・Ryzen R3 1100 (3.2-3.5GHz/4C4T/L3 8MB/65W/$129)

前回の情報では、型番に「PRO」がつくものがありましたが、今回はありません。
今回明らかになっていないので省かれたのか、あるいは、
製品が存在しないので省かれたのかは不明です。
また、型番の「X」は、XFR (Extended Frequency Range) 機能の有無の差のようです。
XFRは、条件次第でBoostの上限値を超える動作クロックを実現するもので、
Ryzenの名称が発表された際に同時に発表 (4Gamer) された機能です。

さらに、VideoCardz.comでは、リファレンスクーラーとされる写真も掲載されています。
クーラーは、65W用と95W用、Wraith Coolerのような高性能クーラーの3種類で、
いずれも、LEDが光るギミックが搭載されているようです。

【関連】
Ryzenが販売開始

Ryzenに関するいくつかの噂のまとめ…のようなもの

Ryzenに関して色々噂が出てきていますが、時間の都合やその他で、
最近は、Ryzenをはじめ、あらゆるニュースをすっ飛ばしてしまっているので、
ここで、Ryzenに関する噂話等をいくつかまとめてみたいと思います。
やや古いネタも含まれるゆえ、すでにご存じの人も多いかと思いますが、
復習的な感じでさらっと斜め読み感覚でお願いします。


「Ryzen」は2017年3月上旬,「Vega」は2017年第2四半期に登場。AMDが2016年決算発表で予告 - 4Gamer

【Ryzenは3月に出荷開始】
先月末のAMDの決算発表において、RyzenとVegaの出荷時期を予告しました。
出荷時期は3月上旬、発売もそう遠くはなさそうです。


AMD Ryzen Processor Lineup Leaks Out, R7 1800X 4 GHz Flagship CPU Detailed – Up To 17 8 Core, 6 Core, 4 Core Models, 2nd March Launch - WCCFTech

【Ryzenのラインナップが判明?!】
Ryzenのラインナップがリークしたようです。
情報元は台湾・Coolalerのフォーラムですが、現在は削除されています。
これによると、ラインナップは下記の通り。

Ryzen R71800X3.0~3.6GHz8C16TCore i7-6900K
Pro 1800Core i7-6800K
1700XCore i7-7700K
1700Core i7-7700
Pro 1700
Ryzen R51600X3.2~3.5GHz6C12TCore i5-7600K
Pro 1600Core i5-7600
1500Core i5-7500
Pro 1500
1400X4C8TCore i5-7400
Pro 1400
1300
Pro 1300
Ryzen R31200X3.1~3.4GHz4C4T
Pro 1200
1100
Pro 1100

R5は6C12Tと4C8Tの2種類が存在し、Intel CPUは競合する存在となります。
元が削除されているので、情報の確度は高いのかもしれませんね。


AMD's Ryzen Chips 10% Smaller Than Comparable Intel Skylake Dies - techPowerUp

【Ryzenのダイエリアの面積はSkylakeより小さい?】
前日開催されたISSCC (International Solid State Circuits Conference) において、
AMDがRyzenのダイ面積の小ささをアピールするプレゼンを行いました。
これによると、Skylakeのダイエリアの面積は49mm2、Ryzenは44mm2で、
約10%程度小さくなることが示されています。
比較対象のRyzenは4コア8スレッドなので、Ryzen R5 1400/1300でしょう。
一方のIntelは、Skylakeと書かれていますが、「Intel's currently shipping」とあり、
ここだけ見ればKaby Lakeということになります。


Rumor: Ryzen processors might top out at $490 - The Tech Report

【Ryzenの価格の噂】
おなじみの海外通販サイト、ShopBLTがRyzenの予約を受け付けていたようです。
ShopBLTに掲載されたモデル、TDP、および価格は下記の通り。

・Ryzen R7 1800X - 95W、$490.29
・Ryzen R7 1700X - 95W、$381.72
・Ryzen R7 1700 - 65W、$316.59

なお、この情報は現在、ショップからは削除されています。


AMD confirms it won’t ship Ryzen drivers for Windows 7 - DigiWorthy

【RyzenはWindows 10のみサポート?】
RyzenはWindows 7にも対応 (ドライバをリリース) するといわれていました。
実際、AMDはRyzenのテストを行う際、Windows 7と10の両方を用いていたようですが、
正式リリースされるドライバは、Windows 10のみとなるようです。



個人的にはRyzenには期待しています。
(PhenomやBulldozerのようにならなければいいですが)
価格やスペック、対応OSの情報など、さらなる続報を待ちたいところですね。

【関連】
Ryzenが販売開始

”Zen”ことSummit Ridgeの製品名は「Ryzen」に

西川善司の3DGE:AMDの次世代CPU,製品名は「Ryzen」に決定! 性能向… - 4Gamer
AMD、次世代CPU"Summit Ridge"の製品名を「RYZEN」に - マイナビニュース



AMDが13日 (現地時間) に開催したイベント「New Horizon」において、
ZenベースのSummit Ridgeの製品名がRyzenになると発表しました。
Ryzenは8コア16スレッド、動作クロックは3.4GHz以上、総キャッシュ20MBで、
リリース時期は、2017年第一四半期となります。

また、報道関係者向けイベントのAMD Tech Summitでは、
Broadwell-EのCore i7-6900Kとの比較デモが行われ、
性能面、消費電力面の優位性がアピールされています。
さらに、デモで使われたエンジニアリングサンプルは、
Ryzenの新機能であるSenseMI Technologyによる省電力化、
そしてブースト機能などは実装されておらず、
製品版では、さらなる性能の向上が期待できそうです。

8コア16スレッドやその他の基本的な仕様に関しては、
過去の噂通りといった感じで、特に驚くものはないかと思います。
性能面では、Broadwell-Eレベルになるのはいいとして、
気になるのは価格面、そして何よりも、予定通り出るのか、
これ以上遅れることはないのかというところが、まず気になるところです。

【関連】
Ryzenが販売開始

| 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



WEB限定 今週のセール品
人気商品ランキング
Palitビデオカード一覧



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品
オリジナル自作キット


パソコン工房

通販限定 日替わり特価icon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PCキット各種icon



激安エントリーサーバ
在庫処分セール
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

フィードメーター - よっちゃんのチラ裏

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...