よっちゃんのチラ裏 ~ The Yotchan's reverse side of a flier.

カスタム検索 (サイト内検索)

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1がリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1 Release Notes - AMD

Radeon Software Crimson ReLive Edition 17.8.1がリリースされました。
リンク先URLを見ると、Beta扱いとなるようです。
この17.8.1では、Radeon RX Vegaへの対応が専用ドライバから統合されたほか、
Quake Champions (早期アクセス)、Agents of Mayhemの最適化が図られています。
なお、17.8.1におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


Blu-rayコンテンツの再生中、アプリケーションによってはHDCPエラーが発生することがあった問題

HDRが有効化された限られた一部のTVにおいて、断続的にHDMI信号がロスすることがあった問題

GTA5が断続的にクラッシュしていた問題

Enhanced Syncを有効化した状態で、デスクトップ上での動画再生やChrome上でのYouTube再生時に、再生が不安定になることがあった問題

Forza Horizon 3において、ゲームのロードに時間がかかることがあった問題

FreeSyncディスプレイでビデオコンテンツを全画面再生すると、かくつくことがあった問題

FreeSyncが有効化された一部のSamsung製ディスプレイにおいて発生していた、照度やちらつきの問題

Radeon R9 380 (原文はRadeon RX380) 搭載環境の一部において、鉄拳7のチャプター13「真実」でクラッシュすることがあった問題

第8世代Coreシリーズ発表、Kaby Lake Refreshベース

Intel、薄型ノートでクアッドコアを可能にする第8世代Core Uプロセッサ - PC Watch
第8世代Coreプロセッサの本当のコードネームはどれ? - 笠原一輝のユビキタス情報局
Intel「第8世代Core」に見る、微細化準備が整っ… - 後藤弘茂のWeekly海外ニュース

Intelが、第8世代となるCoreシリーズを発表しました。

・Core i7-8650U (1.9-4.2GHz/4C8T/8MB/UHD620/300-1150MHz/15W/cTDP 10-25W)
・Core i7-8550U (1.8-4.0GHz/4C8T/8MB/UHD620/300-1150MHz/15W/cTDP 10-25W)
・Core i5-8350U (1.7-3.6GHz/4C8T/6MB/UHD620/300-1100MHz/15W/cTDP 10-25W)
・Core i5-8250U (1.6-3.4GHz/4C8T/6MB/UHD620/300-1100MHz/15W/cTDP 10-25W)

いずれもモバイル向けのKaby Lake Refreshで、4コア8スレッドとなります。
PC Watchによると、Intelはこの先、Q4初めにCoffe Lake、
さらに、Q4終わりまでにはCannon Lakeを投入予定としていますが、
いずれも第8世代として投入される予定のようです。

Intel SSD 540sほか複数のSSDでデータ破損の可能性がある脆弱性

Intel® SSD 540s, Intel® SSD Pro 5400s, Intel® SSD E 5400s, and Intel® SSD DC S3100 data corruption vulnerability - Intel

Intel SSDの複数製品でデータ破損の可能性がある脆弱性が見つかったようです。
影響を受けるのは、540s、Pro 5400s、E 5400s、DC S3100シリーズで、
ファームウェアの問題により、ローカルの攻撃者がデータ破損/損失を引き起こし、
その後、サービス拒否状態に陥る可能性があるとのこと。
この問題についてIntelでは、ファームウェアのアップデートを推奨しています。

ただし、この問題は、Opal (自己暗号化) がアクティブで、かつ、
ATAロックがかかっている状態でのみ発生するようなので、
影響を受けるユーザーは割と限定されるかもしれませんが、
対象外のユーザーも、念のためアップデートした方がいいかもしれません。

Intel HD Graphicsドライバにサービス拒否の脆弱性

Intel® Product Security Center

複数バージョンのHD Graphicsドライバに脆弱性が発見されたようです。
これは、ローカルの攻撃者が、領域外メモリーの参照を実行することで、
サービス拒否を引き起こすことができるというもの。
なお、影響を受けるバージョン、および回避できるバージョンは下記の通り。

・15.45 + Skylake/Kaby Lake → 15.45.16.4627 (21.20.16.4627)
※上記リンク先は15.45.19.4678 (21.20.16.4678) に差し替えられています。
※Windows 10 Creators Updateは15.46.02.4729へのアップデートでも可能

・15.40 + Windows 7/8.1/10 → 15.40.36.4703

・15.36 + Haswell + Windows 7/8.1 → 回避策なし (サポート終了)
※回避する場合はWindows 10へアップグレードし、15.40をインストール

上記に記載されていないドライバは、この影響を受けないそうです。

Radeon RX Vega用Radeon Software Crimson ReLive Editionがリリース

Radeon Software Crimson ReLive Edition for Radeon RX Vega Series Release Notes - AMD

Radeon RX Vega向けRadeon Software Crimson ReLive Editionがリリースされました。
対応OSはWindows 10/7の各64bit、対応GPUはRadeon RX Vegaのみとなります。
なお、記載されているバグフィックスの内容は下記の通り。


Radeon WattManが、適用したオーバークロックステートまで届かないことがあった問題

3DMark Firestrikeにおいて、GT2のテスト中にアプリケーションがハングすることがあった問題

Radeon Settingsの「Gaming」タブのリセットオプションが、デフォルトで無効に設定される代わりに、「HBCC Memory Segment」機能が有効になることがあった問題
※原文はThe "Reset" option in Radeon Settings Gaming tab may enable the "HBCC Memory Segment" feature instead of setting it to the default disabled state.

限られた一部のHDR対応TVにおいて、HDMI信号が断続的に失われることがあった問題

Radeon ReLiveでデスクトップを録画しつつ、Windowsメディアプレーヤーでビデオを再生すると、Windowsメディアプレーヤーがハングすることがあった問題

【関連】
Radeon RX Vegaシリーズのレビューが解禁
AMD Radeon Softwareの最新情報はこちら

Radeon RX Vegaシリーズのレビューが解禁

「Radeon RX Vega 64」レビュー。ついに登場したVegaは,AMDと一緒に壮… - 4Gamer
もう1つのVega,「Radeon RX Vega 56」性能速報 - 4Gamer
AMD久々のハイエンドGPU「Radeon RX Vega」シリーズをテスト - PC Watch
Radeon RX Vegaレビュー - 久々に登場したハイエンドRadeo… - マイナビニュース

Radeon RX Vegaシリーズのレビューが解禁されました。
ラインナップ、およびスペックは下記の通り。

・Radeon RX Vega64 (1406-1677MHz/1.9Gbps/2048bit HBM2/4096SP (64CU)/345W) ※
・Radeon RX Vega64 (1247-1546MHz/1.9Gbps/2048bit HBM2/4096SP (64CU)/295W)
・Radeon RX Vega56 (1156-1471MHz/1.6Gbps/2048bit HBM2/3584SP (56CU)/210W)
※最上位は水冷モデル

ベンチの結果を見てみると、いくつかの場面ではGTX1080/1070を下回るものの、
おおむね、AMDの公表通りGTX1080/1070に匹敵する性能は出ているようです。
が、しかし、GeForceと比べて消費電力がかなり高めになっているようです。
ここを気にするか、受け入れるかは分かれるところかもしれませんね。
なお、マイナビニュースでは、発売は8月中と見ているようです。

【関連】
Radeon RX Vega用Radeon Software Crimson ReLive Editionがリリース

GeForceドライバ 385.28 WHQLがリリース

「GeForce 385.28 Driver」リリース。「Agents of Mayhem」などに向けた最適化版 - 4Gamer

GeForceドライバ 385.28 WHQLがリリースされました。
385.28は、VRタイトルのKilling Floor: Incursion、および、
Agents of Mayhemへの最適化が図られたGame Readyドライバとなります。
なお、385.28におけるバグフィックスの内容は下記の通り。


GeForce GTX1070でDoomのプレイを終了した後でも、GPUのクロックが高いまま維持されていた問題

GeForce Experienceからドライバのアップデートを行うと、「Any file is missing」というエラーメッセージが表示されていた問題

Call of Duty Infinite Warfareにおいて、ドライバのアップデートを行うと性能が低下していた問題

X299チップセット搭載環境でSLIを構築すると、GPU使用率が低いために性能が低下していた問題

ドライバが、GeForce MX150を搭載したXiaomi製ノートPC「TM1604」をサポートしていなかった問題

・Windows 7/8.x - 32bit / 64bit
・Windows 10 - 32bit / 64bit

OCCT Perestroika 4.5.1がリリース

OCCT 4.5.1 Available ! - OCCT

OCCT Perestroika 4.5.1がリリースされました。
4.5.1では、Ryzen、およびSkylake-Xへ正式対応しています。

前回のリリースが4.5.0だったので、おそらく新機能やバグフィックスなどはなく、
これらの対応が追加されたのみだと思われます。
自分のRyzen環境でも温度が正常に取得できなかったので、
このあたりのデータの取得が可能になりそうですね。

CPU-Z 1.80→1.80.1がリリース (Update)

CPU-Z | Softwares | CPUID

CPU-Z 1.80がリリースされました。
1.80における変更点の内容は下記の通り。


Core Xシリーズへの対応

Intel Turbo Boost Max 3を検出すると、「Cores」ダイアログ内の関連するコアが赤く表示

Bristol Ridgeへの対応

※08/13
CPU-Z 1.80.1がリリースされました。
8月に入ってリリースされたようですが、リリースノートは1.80と変化はありません。
詳細な変更点は不明ですが、おそらく、マイナーなバグ修正ではないかと思われます。


Ryzen Threadripperの深夜販売@PCワンズ

8月10日22時、Ryzen Threadripperの販売が解禁されました。
PCパーツショップ各店では、これに合わせて深夜販売を開催、
大阪でも、ワンズが深夜販売を開催したので、様子を見に行ってきました。


DSC_0681.jpg DSC_0680.jpg
店に到着。 開店時間は21時です。 開店待ちの行列は200人!(推定)
そして、一角ではなにやら小宴会…?!


DSC_0682.jpg DSC_0684.jpg
そして開店。 開店早々、対応マザーをお買い上げする方も。


DSC_0685.jpg DSC_0686.jpg
レジ近くでは、マザーボードの価格とともに、入荷数が記載された表があります。
前回Ryzenの深夜販売の時もそうでしたが、MSIの入荷数が多いですね。
さらに奥では、店内売り場の一部を使って作られたワンズちゃんねるの特設スタジオ。
放送自体は開店前から行われており、当時の内容はこちらで見ることができます。


DSC_0687.jpg DSC_0688.jpg
DSC_0689.jpg
Threadripperの解説が終わった後は、Radeon RX VEGAに関する解説も。
同GPUは先月末に発表されましたが、発売は8月21日ということもあってか、
発表時に明らかにされたこと以外については、あまり多くは語れなかったようです。


DSC_0690.jpg
解禁までの少しの空き時間を利用して、ツネさんによるケースの解説。
Thermaltake Core P7 TG Editionで、これもワンズちゃんねるで見ることができます。


DSC_0692.jpg DSC_0693.jpg
DSC_0694.jpg DSC_0695.jpg
そして販売解禁。
解禁即開封の儀となったわけですが、開封は観客が担当です。
開封後は迅速に組み立てられ、起動確認、
そしてお約束のタスクマネージャで32スレッド表示を堪能。
その後は、CINEBENCHやOCCTなどを使った動作デモ的なことが行われます。


DSC_0696.jpg DSC_0700.jpg
DSC_0702.jpg DSC_0699.jpg
そして…ノベルティグッズをかけたジャンケン大会です。 なんと…勝ってしまいました!
ワンズ恒例ともいえるジャンケン大会、過去に勝った記憶がなかったのです。
初めて勝てたのはうれしいですね!
で、いただいたのは、まずはRyzen Tシャツ。 Mサイズなんですが、合うのかどうか?!
そしてRadeon 30周年のバッグ、そして最後は…例のスリッパ!
購入しないともらえないはずの例のスリッパなんですが、いただいてしまいました!


というわけで、今回のRyzen Threadripperの深夜販売。
ハイエンドデスクトッププラットフォーム (HEDT) ゆえに、
メインストリームRyzenより人 (購入者) が少なかったのは、仕方ないところでしょうか。
また、Intelの$999製品よりも高い価格設定になったのも関係しているかもしれません。
しかしひとまず、イベントは成功…といっていいかなと思います。

| 次のページ>>

copyright © 2007 よっちゃんのチラ裏 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
Share Button

最新記事のRSS

このエントリーをはてなブックマークに追加


中の人のTwitterはこちら

Advertisment

最近の記事


管理人によるレビュー系

プロフィール

よっちゃんBNR32

Author:よっちゃんBNR32
大阪市在住の一児のパパ。趣味は車・PC(自作)・アクアリウム・パチスロ他いろいろ。PCパーツとかの買い出しは主に日本橋。愛車はスカイラインGT-R。活動拠点はmixiですが、今では半々?!

その他詳細・プライバシーポリシーについてはこちら

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のトラックバック

通販情報



新規取扱商品一覧
特価品一覧
その他特集一覧
展示処分品大処分市
毎週更新 特価品


ソフマップ・ドットコム

話題の新商品icon
注目の特価商品icon
新着の中古商品icon
PCパーツ キャンペーン情報他icon
PCパーツ各種限定特価icon



WEB限定 今週のセール品
人気商品ランキング
Palitビデオカード一覧



(一式購入で全パーツ1年保証)
自作PC一式見積もり
新製品
特価品
オススメ品
オリジナル自作キット


パソコン工房

通販限定 日替わり特価icon
アウトレットPC 処分特価icon
自作PCキット各種icon



激安エントリーサーバ
在庫処分セール
箱汚れ特価


Just MyShop(ジャストシステム)
一太郎やATOKのおトクなDL版からPCパーツ・周辺機器・USBメモリまでいろいろ

フィードメーター - よっちゃんのチラ裏

ブログパーツ

カテゴリー

月別アーカイブ

最近のコメント

かうんた

UniqueAccess

Pageview

ONLINE

チラ裏ですw
買ったPCパーツのレビューやその他製品のレビューをメインにしていますが、 そんなにバンバン買い換えない買えないので、レビュー系のネタは頻繁ではありません_| ̄|○
それ以外では、自作系PCパーツの新製品情報をネタにしています。 といっても、あらゆる情報に精通しているわけではないので、もし間違い等を発見したら、指摘していただけると助かります。
more...